おしまちゃんCD 完成!

10月24日にさかのぼりますが、おしまちゃん音頭CD制作中! でお知らせしてきたCDが完成し、島田市商工会の理事会で引き渡し式を行いました。
f0256858_23475325.jpg
↓ プリーズ! クリック!



f0256858_23503099.jpg
よかった!よかった!お疲れさん!!!
f0256858_23531365.jpg
ここからは、曲をつくった奥村(KANAYAバンド)の独白であります。
思い起こせば、商工会からCD制作の話があったのは、今年の茶祭りが終わった後のこと。
プロにまかせるという案もありましたが、曲をつけただけの状態から、KANAYAバンドがあれやこれやの試行錯誤をしながら「作りあげてきた」という自負もあります。いくらプロとはいえ、見ず知らずの人に託すということに二の足を踏んでいました。おおげさですが、「身売り」するような感じがしちゃったんですね~ このあたりがいかにも「素人」の感覚なんでしょうけど。
夢づくりライブで、スカルゴンのパンクバージョンの「なごり雪」を聞いていたこともありました。浪漫楽団やザ・ブトンなど、レベルの高いバンドが身近にいるということもありました。夢づくりライブで培ったつながりを財産として考えたら、ここから始められないか・・・ 浪漫楽団の岸さんとKANAYAバンドでベースを担当してくださっている久米さんに入っていただいて、5月19日、商工会との打ち合わせに臨みました。
正直言って、迷いました。はたして自分たちで本当に出来るのか・・・ プロにまかせたらどうなるか聞いてみたい気もする・・・
あれやこれやと相談しながら、「やはり自分たちにやらせてください」との結論が出たのは、岸さんと久米さんのおかげです。商工会もその意向を理解してくださいました。
どういうバージョンで作るのかは、商工会からの要望で決めました。
KANAYAバンドのオリジナルでは、リードギターを新しく入れ直しました。
盆踊りは久米さんのアレンジと音づくり。歌は浪漫楽団のayakoちゃん、笛はラヂオデイズのjunkoちゃんが参加してくださいました。
体操は、昨年録音した大石真喜子さんの歌(演奏はKANAYAバンド)に、島田市スポーツ推進員のみなさんに体操の振付と解説をお願いしました。
ハワイアンは、サバーズのメンバーでもある久保田さんを通じてヒマナスターズに、パンクはスカルゴンに、よさこいソーラン調はザ・ブトンにお願いしたところ、みなさんが快く応じてくださいました。
キッズ、ロックはもちろん!金谷浪漫楽団です。岸さんはKANAYAバンド、スカルゴンの録音もしてくださいました。
みなさん、それぞれ仕事もさまざまで、練習も録音も日程調整が大変な中での取り組みでしたが、こうして完成を迎えることができ、感慨もひとしおです。
私は音楽はド素人で、ただ、みんなが楽しく歌えて踊れたらいいなとメロディをつけただけです。まさか、こんなことになるとは思ってもいませんでした。
コード譜だけで楽譜もなく、音源をお渡ししてのお願いでした。すばらしい楽曲ならいざ知らず、こんなつたない曲を他のバンドに演奏をお願いしていいのかという思いもずっとありました。今もあります。
けれども、こうして出来上がったCDを聴いていて、そんな私の思いはちっちゃなことだと思うことにしました。
夢づくりライブがつくってきた「音楽でつくろう!元気な島田!」のひとつの形として、誇りに思っていいのではないかと。
みなさん、すばらしいジモティで、やさしくて素敵な音楽仲間です。
さあ、第4回夢づくりライブがまたどんな展開をみせるのか、楽しみです。

by kanaya-live | 2014-11-07 00:00 | 仲間たちの活動 | Comments(0)


<< 静岡駅に ウッディベル!      おしまちゃん音頭 CDができました! >>